nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

結婚1周目記念日

 

f:id:siawasenico:20181015184333j:plain

早いもので結婚して1年が経ちました。

 

siawasenico.hatenablog.com

 

付き合っているころから合わせると一緒にいるようになって8年が経ちました!

 

結婚して1年が経ちましたが、本当にあっという間でした。

2人のことよりも、自分の苗字が変わってからもう1年経つのかとその衝撃の方が大きいくらいです・・・!

 

彼は、私にとって、夫であり、友人であり、祖父であり、父のようであり、母のようであり、兄のようで弟のような、自分の子どものような存在です。

年々優しく、カッコよく、頼もしくなっていくので隣にいてお得だなぁと思っています。笑

 

 

この時、仕事で数日間いなかった彼とのLINE。
f:id:siawasenico:20181015184931j:image

 

 

彼のお母さんとのLINE。
f:id:siawasenico:20181015184936j:image

節目節目に、息子を宜しくお願いされます!(笑)

“神っ♡”、かわいい(*´ω`)(笑)

 

私の母からも、結婚1周年おめでとうと連絡がきました(^^)

結構周りの人が気にしてくれてるんだなぁと思いました!

 

これからも自由に幸せに楽しく過ごしていきたいです♪

 

互いの情報の行き来について個人の感じ方・受けとり方も違う

 

少し前に関連会社の方と昼食を食べる機会がありました。

私は業務で面識がほとんどないのにも関わらず、「あなたに来てほしい」と指名されて仕事としてご飯を食べにいきました。

 

その場は、男2:女3で名刺交換からスタートです。

そこで驚いたのが、国籍(海外出身の方もいました)、出身地、年齢、結婚の有無・子供の有無・妊娠の有無と妊娠していたら今何か月なのか 、子どもの人数・性別・年齢を一人一人聞かれていくということです。その場は全員既婚者で私以外はお子さんがいました。

 

私自身、軽い感じで「まだ子どもはいないの?」って50代半ばの管理職のおじさんから聞かれました(笑)

 

なんでこんな話をしていくのかなぁと思ったんですが、無難な話で共通事項を探ることと、相手のことを一般的に知ることがコミュニケーションとして大事だと思っているからかなぁと。

確かに、話を聞いて相手のことを知って初対面であったけれどぐっと近くなった感じは少しありました。この人はこんな環境で生きている人なんだと。

 

観察したら私以外の方は、聞かれても全然平気な感じで、むしろもっと知ってほしい!感もあったので、個人の感じ方は違うなぁと思いましたが、嫌な人は絶対嫌だと感じるなぁと。

 

オフ会だったらここまで踏み込むことはないだろうなぁと思いました。

互いの情報の行き来について個人の感じ方・受けとり方も違いますね。

ちなみに、このときは1人2千円の限定ランチをご馳走になりました。

妖精さんからのラブレター

彼のお母さんがたまにうちに来てキッチンの掃除をしてご飯を作ってくれています。
彼が家にいるときで、私が仕事中でいない間に(笑)


家に帰ると冷蔵庫の中が食べ物でいっぱいになっていて、キッチンが綺麗になっているので、私は彼のお母さんのことを妖精さんと心の中で名付けています(^^)

2食分の焼きそばの材料とか、野菜やフルーツとか、常備菜が助かります!

 

f:id:siawasenico:20180212131006j:plain
彼が、ホワイトボードにメッセージを書くとりさが読むよ!と言ったそうで、りさちゃんにラブレター書いちゃおう♡と彼のお母さんがメッセージを残してくれました。

 

「りさちゃん♡おかえり~!
うちにも息子と遊びに来てね♡」

 

って、可愛すぎませんか!?(笑)

いつも有難いなぁと思って甘えています(^^)

 

 

siawasenico.hatenablog.com

このホワイトボードです(^^)

旦那はいい子

 

女友達から旦那の愚痴はないのかと聞かれたので少し考えてから、

 

「いい子だよ」と答えたら、

 

「子どもか!」とつっこまれました(笑)

「褒めて育ててるんだもんね!」と友達が笑っていましたがその通り!(笑)

 

先日、スーパーで2人してシチューの元を買い忘れたことがあったんですが、昨日の彼はお休みの日に用事のついでにシチューの元を自発的に買ってきてくれたり、ペットボトルを捨てる日を覚えて行動してくれたりと感動しています。めっちゃいい人~!!!

昨日の夜ご飯は彼がシチューを作っている間に隣で私は初めての煮卵を作っていました(笑)

 

ほんと自分は幸せものだなぁと思います(^^)

 

将来子どもが生まれたら、DNA鑑定をしたいなぁと思っている

 

未来の話ですが、子どもを授かって生まれたら、DNA鑑定(父子鑑定)をしたいなぁと思っています。

なぜならば、母親は生まれてきた子が自分の子どもで夫との子どもであると分かるけれど、父親は本当に自分の子か100%分からない部分があると思うのです。

もちろん、自分の子だろうと思いしっかり育てると思いますが。

 

もし、私が男親だったら、どんなに妻のことを信頼し、信用していてもそれは別にして、生まれてきた子の鑑定がしたいです。ほぼ99.9%自分の子だと分かったらその後の気持ちと、育児もまた違うんじゃないかなって思います。

しかし、現実的に生まれてきた子のDNA鑑定をしたいと夫が妻に言ったら離婚案件ですよね。私のことを疑っているの、信じていないの、一体どういうことなの!?って(笑)

 

彼と付き合っているときから、もし子どもが生まれたらいずれDNA鑑定をしたいよねって私から言っているのですが、彼は最初は驚いて、そんなことしなくていいよ!と言っていましたが、いろいろ話しているうちに彼もまぁそうだなぁと耳を傾けるようになってきました。

ちょっと調べてみると、法的なものでない私的鑑定なら数日で数万円で鑑定出来るみたいですね。

それに近年は無いとは思いますが昔は病院で子の取り違えも実際にありましたし…。

「そして父になる」を観て、これは他人ごとではないと思いました。

また、知人の知人の話ですが出産の時期を考えると、男親が本当に自分の子か分からないと言っているということを聞いたこともあります。

 

実際に行うかは分かりませんが、自分より彼(男親)の感じ方が気になるところです。

ただたんに、「(ほぼ99.9%) あなたの子よ」って言ってあげたいだけな話ですね。

生まれた赤ちゃんの顔が男親にそっくり!!!絶対俺の子だ!!!ってこともありますしね(^^)

スポンサーリンク