読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

本:女が28歳までに考えておきたいこと

年齢的に気になった本です!(笑)

作者は心理学博士の男性です。

 

文庫版ですが、本の内容が厚いです…!!!

ためになったところを抜粋です。

 

 

 

28歳は、女性のターニング・ポイントらしく、恋愛、仕事、結婚、将来のこと…20代後半で焦りを感じる「女性の心理」「女として決断しなくてはならないこと」がたくさんある時期。

 

 人間は不思議なもので物事の“手前”が怖いという心理がある。

けれどだいたい「案ずるより産むが易し」で実際に行えば何とかなるもの。

 

賢い女性は、自分の中の女性らしさも大切にしながら、“男性的なセンス”も上手に利用します。

 

“チャレンジ”するから“チャンス”もつかめる

自分にとって本当にプラスになること、もの、道を選ぶように心がける

自分をチャレンジさせるためには、少々大変な仕事でもチャレンジしてみる

 

 

「誰かに幸せにしてもらう」のではなく、「私が幸せにしてあげる」と考えられる人は芯のある女性

 

私ひとりでもハッピーに生きられる。

でも、大好きな彼と一緒だったら、もっとハッピーになれる。

そんな風に考えられる人にいい恋愛はめぐってきます。

 

 

“手綱”はゆるく持った方がうまくいく

男性を「応援する」という姿勢は、女性にも必要

 

結局のところ、うまくいっているカップルは女性が男性の心のツボをしっかり押さえてパートナーをうまく操縦しています。

いまふたりに必要なことは何か、どうすれば彼の役に立てるか自分の頭で考え、判断して、行動に移せるような「しなやかな強さをもった女性」

 

男性はプライドが高い生き物

しっかりしていて、情緒豊かで、守ってあげたい気分にさせ、一緒にいると心がなごむ女性が、男にとっての“いい女”

こうした男性心理を理解し、上手く操縦するのは実はとても簡単なこと。

 

男性は責められると「勝負モード」に入ってしまう

(これ分かります!!!笑)

 

 

女性が幸せになれるパートナーの条件は、「生命力と生活力のある男性」

精神面では、「いざという時、あなたの味方になってくれるか否か」

 

目的や目標を持ってなりたい自分をイメージしてそれに向けて一歩一歩進んでいく

 

上司とうまくやっていくコツは、「相談する」こと

 

 

 ***

 

実は、いま、今までとはまったく違う新しい仕事のまとめ役を任され、不安になっています。私には、大役です…。

 

この本を読んでみて、仕事も恋愛もチャレンジとチャンスだと思ってやってみようと思いました^^

 

 

スポンサーリンク