nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

彼氏が入院した時にお見舞いに持っていったもの

 

先週、彼氏が緊急の体調不良で入院しました。ウイルス性です。

 

お昼休みに彼のお母さんから「息子が入院したので来てほしい」との連絡があり、面会時間と場所を調べて仕事が終わってから、車で1時間ちょっとかかる大きな病院に行きました。

 

そのときに気をつけたことは、弱っている彼をさらに弱らせないようにマスクをつけたこと。

 

行くまえに、何か必要なものがあるか彼と彼のお母さんに聞いたところ、とにかく来てくれればいいとのこと。

彼がまだ食事ができないことと検査入院で入院が長引くとのことだったので、何が必要か考え、飲み物を3本(水・お茶・スポーツ飲料)と、弟から借りた漫画(1~14巻)を持って行きました。

 

 

 

相部屋で、彼も検査で疲れているので面会時間は15分くらいにしました。

彼の話を聞いてお大事にしてねと帰りました。

 

彼がまだエヴァを読んだことが無かったので暇な時間が充実した時間になったと大変喜ばれました。小説にしようかとちょっと考えましたが彼は本を読まないので(^^;)

漫画の分量もちょうど良かったみたいです(^^)

※漫画の好みは人それぞれわかれるのでそこは注意が必要です…!(笑)

 

親しい人のお見舞いで漫画と飲み物は有効だと感じました。

 

無事に彼が退院したあとは、彼と彼の家族と私用に退院祝いで気になっていた卵屋さんのプリン1個260円くらいのを買って行きました。私も含め、みんな気にはなっていたけど行ったことのないお店のプリンです。

食べてみたらとても美味しくて珍しい感じのものだったので、これも大変喜ばれました。

 

彼のお母さんは何度も本当にありがとうと言ってくれ「息子も辛い思いをしたけど…人の優しさを改めて感じられたと思うよ!これからも息子のことをよろしくお願いします!」と彼のことを頼まれました。

 

ミニマリストの考え方として、本当に相手が必要としているものを必要なだけ渡す癖が助けになったと実感しています。

 

 

※追記として、お見舞いに行ったときに彼氏の親や家族に「なにか私に出来ることありますか?」と一言聞くと有難がってくれると思います!

私はその時そこまで余裕が無かったので(><;)

親が看病につきっきりの場合、家に帰ったり用事をしたいこともあると思うので。

少しでも参考になりましたら嬉しいです。

 

 

siawasenico.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ←クリックしていただけると、更新の励みになります(*^^*)

 

スポンサーリンク