nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

本:読むだけで心がラクになる22の言葉 [ 本田健 ]

仕事の人間関係で枕を濡らした時に購入した本です。

今でもぎくしゃくしていますがだいぶ関係がよくなりました。

日によって相手の気分で態度を変えられるのは相変わらずですが(^^;)

 

 

読んで確かに心がラクになれました。

以下私の心の支えになった言葉たちです。

 

「ああ、心配して損した!」と言ってみる

ほとんどの心配は取り越し苦労に過ぎない

 実際に試しに言ってます。

 

 

 

何をやっても駄目なときは、人生で3度ある

そういう大波にもまれたときは、ある意味であきらめてしまったほうが勝ちです。「どうせうまくいかないなら、やめちゃおう」というぐらい無責任な態度を取る、つまり開き直れる人のほうがうまくいくから不思議です。

 これは今までの私の考え方とは違っていたので衝撃でした…!

 

 

1つのドアが閉まれば、その勢いでまた別のドアが開く

 確かに別のドアが開きました!!!

 

良い、悪いの判断を手放せば、人生はもっと楽しくなる

 実際に良いか悪いかはすぐにはわからず、時間が経ってみないとわからないもので、今悪いと思っていることもあとから考えたら良いことかもしれません。

 

 

 

私は自分で言うのもなんですが真面目な方だと思います。

そうなると無責任になるのが難しいのです。が!

 

「どうせうまくいかないなら、やめちゃおう」今この気持で仕事の断捨離に励んでいます。

わかりやすい手順書を作ったり、新入社員の気持ちで業務をしたり、いつ辞めてもいいように整理整頓にとにかく励んでいます。

 

そうすると心が楽になって仕事も仕事の人間関係もなんだかいろいろ楽になってきました。

 

悩みがあるときに本に頼るというのは一つの大きな方法だと思います(^^)

 

スポンサーリンク