nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

無になる為の時間をつくる【1】

 

普段の日常で無になる為の時間をつくっていますか?

 

私は意識して、無になる時間をつくっています。

 

本当は、瞑想をしたいのですがなかなか上手くできないので、代わりに、無になる為の時間をつくるために行っていることを紹介します。

 

それは、お風呂で「だるま浮き」をすることです。

または、「お湯に頭までもぐる」です。

 

実家のお風呂は広くてだるま浮きが出来ましたが、今のお家の湯舟はあまり広くないので、顔を(頭まで)お湯につけてもぐるようにしています。

 

お湯の中で、海のような音に癒されます。

赤ちゃんのように丸まると、まるで羊水の中にいるように感じられます。

生物は海から進化していったんだなぁなんて思います。

 

呼吸と、音と、お湯の感覚に意識していると、他のことはもう何も考えられなくなります。俗世のことを忘れます。

呼吸が辛くなると、あぁ生きる上で酸素がこんなに必要なんだなと、当たり前のことが大事に感じられます。

 

辛いときや、気分転換をしたいときに行うとリフレッシュできます(^^)

 

 

 

スポンサーリンク