読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

朝、彼のことをお見送りするようになりました

 

新しい習慣が増えました。

 

それは、少し先に仕事で家を出る彼をいってらっしゃいと見送って内側からカギを閉めてあげることです。私もその5分後に仕事の為、家を出ます。

 

ほんのちょっとの時間ですが朝の時間は貴重です。

以前はリビングや洗面所から「いってらっしゃい」とは声をかけていたのですが、なんだか気持ちが足りない気がしてきました。

時間に対しても、心にも、気持ちにも、もっと精神的な余裕をもちたいと思いました。

 

朝お見送りをするようになってから、彼も私が仕事で家を出る時にはお見送りしてくれるようになりました。(彼の仕事は交代勤務です)

お見送りしてなんてなにも言っていないのに!

人は自分がされて嬉しいことは人にしてあげるのだなと実感しました。

 

雨の日や風の日に外からカギを閉めるのは地味に大変ですが、閉めてもらえると気持ちに余裕が出ます。

なによりいってらっしゃいと笑顔で面と向かって言ってもらえると心が嬉しいです!

 

いってらっしゃい

気をつけてね

無理しないでね

がんばってね

ふぁいと

 

こんな感じで優しい言葉を声掛けしながら、肩や背中をぽんと押したり、抱きしめたり、ときにはちゅーしたり、幸せそうな笑顔で家を出ることが出来るようになりました。

 

そうなると家を出る方は、いってきます ありがとうと言って家を出ることになります。

 お互いを大切に大事にしていることで心が温かくなります。

 

新しく時間をつくったのに、精神的な余裕が生まれました。

 

彼を見送る時はいつも【これが最後だったら】と思うようにしています!

 

最後だとわかっていたなら この詩は心に染みます。

  

スポンサーリンク