読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

【広告】

子宮頸がん検診に行ってきました

今回は、生々しいナイーブな女性の内容なので見れないな!と思ったら戻ってください!でも、大事な話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生3度目の子宮頸がん検診に行ってきました。

子宮頸がん検査とは、子宮頸部の細胞を採取する検査です。私の住んでいる市では、結果は受診から概ね40日後に送られてくるそうです。

 

子宮頸がんは、性交渉によるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染が原因と考えられており、経験が1度でもある方は検診を受けることを推奨されています。

2年に1回は検診が推奨されていて、私の通っている病院の女医先生曰く、相手が変わらなくても受診した方がいいとおっしゃっていました。

調べたところによって増減はありましたが、日本では年間3,500人、1日あたり10人の女性が子宮頸がんで命を落としているそうです。参考:子宮頸がん.jp | みんなの疑問に答える「子宮頸がん」情報サイト ← (調べてみたら男性も、HPVに感染するみたいですね。それは知らなかったです)

思っていた以上に亡くなる方の人数が多いです。これは他人事ではありませんね。子宮頸がんは予防できるがんだそうです。検診に行くことで、自分の体を守るのも自分自身です。

 

 

 

私は今回が3度目でしたが、1度目は、3年前に。2度目は、2年前に検診を受けました。

子宮頸部の細胞を採取する検査ですが専用の器具を中に入れるので、これがですね、結構痛いです。(リラックスして、力を抜けば痛くないそうです)

でも、この少しの痛みと死ぬことを天秤にかけたら、もちろん受診することを選びます。 医師による指での触診もあります。女医の先生だと恥ずかしさも軽減されます。

 

私の住んでいる市では、20代の女性だと毎年子宮頸がん検診が無料で受けることができます。 

市からお家に冊子が届く→市役所の該当箇所に電話する→集団検診か、病院で受診するか選ぶ→集団検診ならだいたい日付が決まっていて、病院なら期間内に個人で予約する

 

 

初めての方は病院で受けた方がいいと思います。

私のようにビビリで、怖がりで、痛がりで、体の力が抜けなくて、終わった後体調が悪くなっちゃうような人は病院の方がいいです。

私は、1回目と2回目のときも終わった後、気持ち悪くなってふらふらになって倒れました。3回目の今回はそんなこともなく、出血もなく、痛みもそんなに感じませんでした。ただ、検診中は冷汗が止まらなかったです。あと、終わった後違和感が凄くて座れなかったので立っていました。

 

そういえば、検診の前にトイレに行ってくださいと言われました。 

持ち物:保険証・個人負担無料のクーポンがもらえるならその検診票・ナプキン

ナプキンが必要なのは、出血するかもしれないからです。病院によってはくれたりしますが持って行った方がよいです。ズボンよりも、スカートを履いていくとパンツを脱ぐだけで済むかもしれません。地方の方で車で病院に行く場合も少し休んでから動き出した方がいいと思います!当日は頑張ったんだからご飯も作らなくて好きなものを食べたらいいと私は思います!(笑)

 

 

検診中にこれは自分にずっと言い聞かせたことなんですが、とにかく、力を抜くことが大事です。それと深呼吸ふーと息を吐くこと指を祈るように組むこと。あと、足を結構開くので股関節の柔軟をしていった方がいいです!

 

これさえできればあとはリラックスすればスムーズにいくと思います!実際これらを意識したらかなり痛がりの私でもあまり痛くありませんでした!!!

 

痛みもこればかりは個人差があると思うので全然痛くなく楽勝だぜって方も多いんじゃないのかなと思います(^^)

 

それと、検査が終わった後のミッション達成感と、充実感と、心の軽やかさは言葉では表せられません!!!

 

 

いろいろ書きましたが素人が書いたものなので間違っているところがあったらごめんなさいm(__)m

少しでも私の経験がお役に立てたのなら嬉しいです。本当に、自分の体を大事にするのも、自分の体を守るのも結局は自分自身です!

 

【広告】