読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

【広告】

Nさんの仕事術~やるべきことの期日、上司の立場、身だしなみ~

 

居酒屋さんで教えてもらった関連会社の男性Nさんのお仕事の話がとても良かったのでメモしたことを書いてみます。

Nさんは、頭がよくまわり、いろんな部署を経験し、人付き合いが上手く、倹約家で、お金をつかうところはどーんとつかって、日本や海外いろんなところに出張や遊びに行って、会社以外も家庭もプライベートも充実しているスーパーサラリーマンです。

 

1、やるべきことの期日をつけろ!

営業でも、研究職でも、事務職でも、やるべきことの期日をつけることが大事。

特に、研究職なんて期日なんてあってないようなものに思えるかもしれないが自分の中の期日を決める必要がある。

100%で提出しよう、もっといいものにしようと考えると終わらない。

上司の考える期日とすり合わせることも必要。

 

2、自分が上司の立場だったらなんというか考えろ!

上司の言葉に反論したくなるときもあるだろう。しかし、逆に自分が上司の立場だったらなんというか考えろ。自分が上司の立場だったらだいたい上司が合っているし、同じことを言うだろう。

ただ、それでも間違っていると思ったらそれは上司が間違っている。

絶対間違ってると思ったら、俺なら言う。これ俺にやらせるなら俺仕事辞めますよって最近上司に言った。そうしたら、やらなくてよくなった(笑)

 

3、身だしなみを整えろ!

身だしなみ、気品、綺麗に磨かれた靴が大切だ。

ネクタイとベルトと靴の色を合せたりしていることや、スーツのセンス、オシャレさ、清潔で整った髪形も人は見ている。

上に立つ人は、現場の仕事が分かる髪形を気にしない服装がだらしない人よりも、仕事のことなんて何にも分かってなくても髪形と服装が毎日ピシっとした、コートにブラシを毎日丁寧にかける人の方が関係会社やお客様から見たらそういう人が上層部の方がいい。そういう人が大事な人前で発表するのだから。内容は現場の仕事が分かる管理職が支えてやればいいのだから。

 

 

以上、Nさんから聞いた話でした。私は全部心に残りました。特に、仕事の時の服装はピシっとしようとかなり意識するようになりました。

【広告】