読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

朝ごはんを食べない生活が快適

 

1日3食を食べるのが私の中では常識でした。

特に朝はたくさん食べる方で、ご飯は茶碗1杯は食べますし、パンだとトースト2枚食べてもお昼まで持ちませんでした。

朝・昼・夜とお腹が空いていなくても決まりだからと惰性で食べることも多かったです。だってそれが当たり前だったから。実家を出てからは食欲が無かったら無理して食べることは減らしていきました。

 

最近読む本読む本に、朝は「排泄」の時間と書かれていることが多かったです。

食べることよりも出すことを大事にしようと。最初に見たときにはどういうことなのかと訝しみました(笑)

 

そして、先日ハービーさんにお会いした時に1日1食だと言う事を聞いて、私が今通っている信頼しているマッサージの先生も朝ごはんは食べないということだったので、これはそういう流れなのだろうと朝食抜きを決行しました。

 

 Kindle Unlimitedで読めるこの本にも、

 

 

空腹感は長生きスイッチをONにする

空腹時以外の食事は老化を進める

細胞内のゴミの回収作業が進む

成長ホルモンの分泌がアップ

 

「1日3食、朝昼晩と規則的に食べなければならない」。その思い込みは、40歳以降は捨てていきましょう。

 と書かれていてまさに私です。まだギリギリ20代ですが…!

 

もちろん、規則正しく食べることは良い事ですが、食欲がないのに食べたり、「夕飯を食べてないから」と寝る前に食べたりはしなくていいと、私は考えます。

 

ということで、絶対食べないという事では無くてその時その時の自分の体調と相談して決めればいいのかなと思っています。キッチリ決め過ぎずに柔軟に対応するといいかなと思っています。

 

若いと言われる人があたりまえにやっている16の老けない習慣 面白かったです(^^)

 

 

朝ごはんを絶対食べなくちゃいけないという思い込みを捨てた結果、自分の時間がかなり増えました。

ご飯の準備をする時間、食べる時間、洗い物やゴミを捨てる時間がカットされました。

朝はゆっくり・ゆったり過ごせています。

絶対食べないわけでは無くて、日によっては、ウィダーインゼリーを飲んだり、前日つくったお味噌汁を1杯飲んだりして体調に合わせています(^^)

 

彼は元々、朝はあまり食べれない人だったので、喜んで1日2食になり、健康に過ごしています。特に、朝の便通が良くなったと喜んでいます。

 

今年に入ってから、マッサージの先生に教わって、体温を上げるためにショウガ紅茶を普段から飲んでいるのですがそれで空腹感が無くなっています。

お昼前にお腹が鳴る時はありますが、なんだか嬉しいです(笑)し、すぐにお昼御飯になります。

食べないようになってからなんだか体が軽いですし、時間も出来ますし、便通もよくなりました。あと、ゴミが減りました。食費も!

不思議なことに、朝食をしっかり食べた方がお腹が空く現象があります。

 

あ、そうだ、私も彼も砂糖の摂取自体を減らしています。

私は元々お菓子は食べる方では無かったのですがもらったら食べます(^^;)彼は甘党でしたが甘いものは最近一切食べていないです。

 

1食減らしただけで、朝と夜のご飯がとても美味しくなりました。

1食減らしただけで、こんなに時間が出来るんだから、1日1食はもっと時間が出来るのだろうなと思っています(^^)

 

こちらの本も参考にしました(^^)

 

スポンサーリンク