nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

カフェインを出来るだけとらなくなって3か月経ちました

 

カフェインを出来るだけとらなくなって3か月経ちました。

 

元々、コーヒーは好きでは無く、カフェインもそんなにとってない方だと思います。

飲めるのは甘~~~くしたコーヒだけです。

 

 

カフェイン摂取を控え始めたきっかけ

 

きっかけ①

妊活について調べていると、妊娠中や授乳中はカフェインを控えた方がいいということなので、妊娠する前にカフェインをとらなくてもいい生活が出来た方が健康にいいのではないかと考えました。

 

妊娠中のカフェインは胎児への悪影響大!危険な飲み物8つ - マーミー

 

 

きっかけ②

コーヒー イコール 眠気覚ましの思い込みが強く、甘いものがそんなに好きでは無いのに、眠気覚ましで会社の自動販売機の紙コップの牛乳屋さんのコーヒーを飲んでいたのでこれをきっかけに飲まなくていいのではと思いました。手持無沙汰とか、口寂しいというのもあったと思います。

 

 

今まではよく紅茶を飲んでいたのですが、紅茶もひとまず辞めてみました。

その分、今まで以上に白湯をよく飲むようになりました。本当に美味しいです。

お茶も出来る限りノンカフェインのものを飲むようになりました。

 

 

1度カフェイン入りの栄養ドリンクを飲んだところ、飲んでちょっと経った後に頭が強烈に痛くなりました。

別の日にノンカフェインの栄養ドリンクを飲んでみたら痛くなりませんでした。

カフェインを控えたことでよく効くようになったのかと思います(笑)

 

この3か月で数回、紅茶やお茶、コーヒーを飲みましたがそれは友達と遊んでいるとき等、人といるときだけにしました。

 

コーヒーに頼らなくても眠くならないように、今ままで以上に規則正しく早寝早起きし睡眠について自信が持てるようになりました。

また、飲み物を買おうか悩む時間も減り、お金もつかわなくなりました。

 

私がカフェインの摂取を控え始めたところ、その時コーヒーメーカーでコーヒーに大はまりしていた彼も飲まなくなってきました。

 

お湯が甘く感じるようになったり、スポーツドリンクが苦く感じるようになったのですがカフェインを控えたことが関係しているのかは分かりません。

なんとなく生理は軽くなった気がしています。

生理痛の原因はカフェイン?!生理中にやってはいけないNG行動を知ろう | ミナカラ薬局

 

こう、何かが劇的に変わった!というわけではないですが、体が楽になった気がしていますし、無理せず日常に溶け込みました(^^)

スポンサーリンク