nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

台湾旅行に行った時のちょっとした感想


f:id:siawasenico:20180821190419j:image

 

夏季休暇を利用して彼と5日間の台湾旅行に行って来ました(^^)

あちこち巡りましたが、美味しくてあたたかくて優しくて大好きな国になりした!

また行きたいです!

 

 

印象に残っていることを書きます。

 

ツアーで案内人の台湾女性の言葉。

「台湾は自由の国。夜一(夜の屋台)で営業しちゃダメな店でも営業している。警察が来たらダッシュで逃げる(笑)バイクも1人や2人乗りまでだけどたまに4人で乗っている(笑)台湾は自由。 自由は良い事もあるけれど、悪い事もある。」

 

自由は良い事もあるけれど、悪い事もある。とても印象に残りました。

私はいつでも自由を求めているけれど、それはいろんなことを受け止めた上での自由だということをあらためて考えました。

 

 

「台湾の女性は幸せよ。共働きが多い。外食の方が安いから料理しない。料理しないからキッチンは綺麗だし、飾りよ。掃除や洗濯も夫の仕事。私は去年、結婚した。料理は全くできない。実家に帰る時には温めたらすぐに食べられるものたくさん買っていった。すぐ準備できたね。家族で円卓を囲んで丸になる。これが幸せ。 」

 

この国の女性は幸せだって初めて聞いたので衝撃的でした。いいなぁ!(笑)

至れり尽くせりの台湾の男性と結婚したい日本の女の人は多いけど、日本の女性と結婚したがる台湾の男の人はあまりいないというのも面白かったです(^^)

手の込んだ料理を作らなくても、家族で食卓を囲んで丸になることが幸せってところもぐっときました。

 

 

「台湾は暑いから夜型の国。 台湾は仕事の時間は守るし、残業はしない。昼休みは1時間30分あって、昼寝もきっちりする」

 

素敵!確かに暑かったので、涼しい時間に行動した方が合ってますね。

 

 

また違うツアーで遠出した時は、観光客のメンバーがいろんな国から来ていました。

日本、カナダ、アメリカ、オーストラリア・・・他にもいろいろ。

一人で来ている日本の女性もいてカッコよかったです。

ツアー中、写真撮る?って聞いたり、もう時間だよって伝えたり、一緒に丸い食卓を囲んだりして楽しかったです。一期一会ですね。

 

 

山奥で一休みしていたら、ツアーではなく一人で来ているアメリカ系の女性が現れたので 「疲れちゃった(笑)」と伝えたら 、「分かるわ!(笑)」の後、「ここは美しい!」と言われたので、「美しいよね!」と分かち合いました。

全くの初対面でお互いの肩をキャッキャとぽんと叩き合ったり、写真撮る?ってジェスチャーで聞いてみたり。

簡単な英単語やジェスチャーでも意思疎通って案外できるものなのですね。感動しました。

 

 

 

新幹線に乗った時には、ホームで困っていたら台湾のおばちゃんが日本語で助けてくれました。

ドヤ顔で「あそこよ!」と伝えてくれてとても嬉しかったです!面白くて今でも思い出すとにやにやします。

 

 

海外に行って思うことは人間はひとりひとりとても優しいんだなぁってこと。 一個人だと国ってあまり関係ないですよね、多様性。

常識や普通っていう色眼鏡が外れていく感じが楽しいです。

 

また海外に飛び立ちたいなと思いました(^^)

スポンサーリンク