nico

笑顔で楽しく自由に生きる!

スポンサーリンク

互いの情報の行き来について個人の感じ方・受けとり方も違う

 

少し前に関連会社の方と昼食を食べる機会がありました。

私は業務で面識がほとんどないのにも関わらず、「あなたに来てほしい」と指名されて仕事としてご飯を食べにいきました。

 

その場は、男2:女3で名刺交換からスタートです。

そこで驚いたのが、国籍(海外出身の方もいました)、出身地、年齢、結婚の有無・子供の有無・妊娠の有無と妊娠していたら今何か月なのか 、子どもの人数・性別・年齢を一人一人聞かれていくということです。その場は全員既婚者で私以外はお子さんがいました。

 

私自身、軽い感じで「まだ子どもはいないの?」って50代半ばの管理職のおじさんから聞かれました(笑)

 

なんでこんな話をしていくのかなぁと思ったんですが、無難な話で共通事項を探ることと、相手のことを一般的に知ることがコミュニケーションとして大事だと思っているからかなぁと。

確かに、話を聞いて相手のことを知って初対面であったけれどぐっと近くなった感じは少しありました。この人はこんな環境で生きている人なんだと。

 

観察したら私以外の方は、聞かれても全然平気な感じで、むしろもっと知ってほしい!感もあったので、個人の感じ方は違うなぁと思いましたが、嫌な人は絶対嫌だと感じるなぁと。

 

オフ会だったらここまで踏み込むことはないだろうなぁと思いました。

互いの情報の行き来について個人の感じ方・受けとり方も違いますね。

ちなみに、このときは1人2千円の限定ランチをご馳走になりました。

スポンサーリンク